テレビ出演 車停止させた後起きた事故なので危険運転致死傷

テレビ出演 車停止させた後起きた事故なので危険運転致死傷。今回の事件のような事案を危険運転致死傷罪という法律がそもそも想定してなかった、というのは確かでしょう。煽り運転で殺人犯た石橋和歩の裁判

車停止させた後起きた事故なので危険運転致死傷適用できない無罪主張てどう思か 100歩譲ったて、至る過程で明らか危険運転なる思うん…

あこういった凶悪犯罪で無理やり無罪主張する弁護士ってどう思か
法律穴ば善悪てら関係ないんか 死亡事故とは。警察庁が発表した統計資料によると。年の交通事故による死者数は全国で
,人。人口万人あたりの死者数では人となっています。 車を運転する
以上。死亡事故の加害者となる可能性はゼロではありません。 本記事では。死亡東名あおり事故。神奈川県大井町の東名高速道路で昨年6月。あおり運転を受け無理やり停車させ
られた夫婦が別のトラックに追突され死亡した事故で。自動車運転処罰法違反
危険運転致死傷…

車。信号無視の事故や反則金罰金と違反点数減点点数のご説明。第六十五
条 何人も。酒気を帯びて車両等を運転してはならない。は人身事故でも軽微な
方なのでおそらく不起訴無罪で罰金も無しになると予想します。自転車は
。免許制度がなく誰でも乗れるため。業務上過失致死傷罪は適用されません。テレビ出演。この判決では。専門家の間でも意見が分かれていた危険運転致死傷罪の適用を
認めました。いたいけな保育園児人を死亡させた車の運転手が。釈放され
ました。を示し。危険運転致死傷罪はもとより。検察側が予備的訴因としてた
てた監禁致死傷罪についても。無罪を主張しました。 本件が停止後に起きた別の
車トラックによる追突事故で萩山夫妻が亡くなられたため。停車後の事故に
も危険運転致死傷罪が成立するか自転車は軽車両なので。道路交通法が適用
されます。

東名あおり。運転」で停車させ。大型トラックによる追突事故で夫婦を死なせたなどとして
。危険運転致死傷罪などに問われた石橋する行為」と規定していることを
踏まえ。「停車後に発生した事故には適用できない」と無罪を主張していた。
さらに。当時は夜間で一定の交通量があり。停止している車がない前提の高速
道路の追い越し車線が現場だったことから。「追突事故が起きる可能追突事故
は停車によって生じた新たな危険が現実化して起きた」と主張していた。[Q]危険運転致死傷罪が適用される場合とは。飲酒運転などによる悲惨な交通事故が少なからず発生したことから。被害者など
を中心に従来からの刑法では罰則が軽危険運転致死傷罪とは。危険な状態で
自動車を運転した結果。人を死傷させた場合に科される刑罰。車両の通行が
禁止されている道路又はその部分を進行し。かつ。重大な交通の危険を生じ
させる速度で自動車を運転するこれにより。あおり運転により高速道路等に
停止させたり徐行させることによって。死傷事故に結びついた場合もまた危険
運転致死傷罪の

「危険運転致死」どう判断。弁護側は危険運転致死傷罪は「停車後の事故に適用できない」と無罪を主張し。
予備的訴因の監禁致死傷罪の成立についても争った。むかついて追い掛けた」
と話し。停車させたことで追突事故が起きると思わなかったのかと尋ねられると
。「その時は考えてい被告を止めなかったらどうなると思ったか」と問われ。
「高速道路なので。ひかれて最悪は亡くなると思った」と述べた。

今回の事件のような事案を危険運転致死傷罪という法律がそもそも想定してなかった、というのは確かでしょう。また、検察官が予備的訴因とした監禁致死罪についても同様です。なので、これらの罰条適用には争いが生まれてしまうこと自体は仕方ないのです。また、検察官が主張する罰条適用がどれも「違うんじゃない?」と弁護人が考えれば、弁護人としては無罪を主張するしかありません。現行の刑事訴訟法からは、そうなります。弁護士は被告人の利益を護るだけでなく、法律が実際に正しく適用されるかを監視する役割も持っています。仕事としてやっているのです。ただ、死刑反対主義だからといって自分たちの主義主張のためだけに、訴訟の進行を遅らせたり荒唐無稽な作り話で事実を捻じ曲げたりする弁護士がいるのも事実です。が、全ての弁護士がこんなんではありません。で、私は、今回の事件でも危険運転致死傷罪の適用は可能だと思いますよ。?石橋和歩が煽り運転をしたことと、被害者夫婦の車を停止させ、さらに死なせたこととの間には密接な因果関係がある。?危険運転致死傷罪2条4号の文言「重大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為」の中の『速度』には『速度0=停止』も含まれる。などからして、検察官の主張の方を通すべきです。もっとも、今回の事案では危険運転致死傷罪ではなく、危険運転罪道交法違反+殺人罪 とすべきだったと思いますね。その方が、最高刑は死刑なので石橋の糞を死刑にできるし、理論的にもスッキリするし。何故そうしなかったのか、疑問を呈する法律家も実際にいるようです。石橋みたいな糞は生かしておかない方が世の中の為なんですけどね。高速道路で危険運転煽り運転をして前方に立ちはだかって車を無理矢理停車させその車が後続車に跳ね飛ばされて一組の夫婦が死亡??危険運転の結果尊い2名の人命が失われたという重大な結果ですのでこれは「危険運転致死傷罪」に該当する事案だと思われます。こういうことをやった人間には厳罰を与えなければ今後も第二、第三の石橋和歩が出て来るのではないでしょうか?弁護士も商売ですから金になるのなら或いは特定の思想信条に基づいて悪人の弁護をする人物はいますね。これは昔からそうです。「罪を犯した人間にも、もっと言えば凶悪犯罪者にも人権はある」という考えから極悪犯にも弁護人は付くのです。酒鬼薔薇や麻原彰晃にも弁護人は付きましたから。そして一旦弁護人に選任されればどんな極悪人であろうがその罪を少しでも軽くしなければならないと考えるのが彼ら弁護士の悲しき性さがなのでしょう??。法律的に議論の余地があることは確かです。危険運転致死傷罪が成立するには、1自動車運転処罰法2条に列挙された行為のいずれかを行ったこと2被害者が死傷したこと31と2の間に法律上の因果関係があることの全てを満たすことが必要になります。1で列挙された行為にあおり運転行為は含まれますが、車を停車させる行為や、車を停車させ続ける行為は含まれません。危険運転致死傷罪においては、条文の構造上、危険運転行為が類型化されて列挙されており、列挙されていない危険運転行為は処罰の対象から外れます。したがって、あおり運転行為そのものと被害者死傷との間に法律上の因果関係が認められなければならないのですが、ここが最大のネックです。条件関係は明らかに存在するのですが、条件関係と法律上の因果関係は別物です詳細な説明は省きます。詳しくは、刑法の文献をあたって下さい。。被告人?被害者の停車や降車、口論、トラック運転手の過失運転が介在しているため、果たして法律上の因果関係があると言えるのか、断絶しているのではないかについて、理論的な問題があるのです。弁護人としては、危険運転致死傷罪が理論的に成立しない余地がある以上、検討が尽くされるように以上の問題点を争点化し、危険運転致死傷罪の成立を争うのは理に叶っています。決して無理矢理な主張というわけではありません。もっとも、今回のケースについて、私見では、過去の因果関係に関する裁判例も踏まえ、危険運転致死傷罪が成立する可能性が高いと考えております。もちろん、成立しない可能性もある以上、弁護人は危険運転致死傷罪不成立の主張を行わなければ職務懈怠です。これは、検察側が被告人の罪を最大限重くする主張を行い、弁護側が被告人の罪を最大限軽くする主張を行い、よって裁判官が両者の言い分を踏まえた上で公正な判決を出すという裁判の構造上、必要なことです。被告弁護士は、死亡事故が起きた時点では車を停車させ、運転中ではなかったので無罪と主張しています。しかし、交通量の多い東名高速で、走行を妨害する目的で車の直前に侵入して車を無理やり停車させた行為は、まぎれもなく危険運転に該当します。交通量の少ない一般道で停車させたのであれば、後ろから衝突したトラックの運転手の過失となるでしょう。最近は法律の条文を理解できない頭が悪い弁護士も多いようです。豚の弁護士の言う通り危険運転致死傷ではないと思います。高速道路の追い越し車線で被害者の車を故意に止めっちゃったらたまたま事故が起きて相手が死んじゃったなんて生易しいものではなく明らかな殺意があっての行為ですので殺人罪だと思います。危険運転致死傷が適用されるケース4つ簡単に書くと1アルコール又は薬物などで自動車を走行させる行為2運転技術を有しなしで自動車を走行させる行為 3人又は車の通行を妨害する目的で、通行中の人又は車に著しく接近し、かつ、重 大な交通の危険を生じさせる速度で自動車を運転する行為 4信号無視今回の件で当て嵌まるとすれば3なんだが、3を平たく言うと 煽って 事故らせ 怪我又は死亡させる。今回のケースに当てはまらない。この法律を改正した国会でも、付帯決議があり。対象の不当な拡大、濫用はされないよう。となっているので、危険運転致傷罪にするのは難しい。?車を停止させた後に起きた事故なので危険運転致死傷は適用できないと無罪を主張していますがどう思いますか? 危険な「運転」を取り締まる法律であり、運転行為に付随する行為全般を取り締まる法律ではありません。当然の主張ではないかと思います。?あとこういった凶悪犯罪で無理やり無罪を主張する弁護士ってどう思いますか?被告人がそれを求めているなら、彼らのお仕事は「無罪」を勝ち取ることです。弁護士の口は被告人と同じなのです。正義と仕事は違います。今回の問題で言えば、それに対応する罪が無いというところが問題であり司法だけでは解決できないものです。問題は弁護士では有りません。弁護士としては、仕事で、法律上、この刑罰が適当かどうかを、加害者側から見て法律上、その行為には当たらない、と判断します。むしろ、立法府の国会の責任だと思います。現状、人が無くなる行為でも、行為を行う方にその意思がなければ、殺人罪は成立しません。また、今回、高速道路で車を停めさせ、自分も降りて恫喝するという危ない事をするとは思わない。それを元に法律を作れば当然、逸脱した人が現れた時にはその行為は裁けません。轢き逃げも、停まってしまえば認識していたとして罰せられますが、当たったとは思わなかったので停まらなかったと証言すれば、刑罰が軽くなる場合が有ります。弁護士の仕事は犯罪者の味方をして法廷でウソをつき、証拠を隠蔽して被害者を泣き寝入りさせることです。これは一部の悪徳弁護士だけではなく全ての弁護士がやっている普通の仕事です。日本の法廷にはウソがはびこっている 例の炎上したマンガ 普通の日本人ならなぜそんな被害者を泣き寝入りさせて犯罪者を野放しにするような国家資格が存在するのか不思議に思うでしょう。なぜそうなっているのかというと、日本の今の法律は明治と戦後に欧米に自分達の国と同じ法律を押し付けられたものであり、欧米の法律は「悪人を許しなさいアーメン」「全能の神ではないただの人の集まりにすぎない国が人を裁いてはならない」という非道徳的なキリスト教の教義と人権思想という考え方に沿って作られているからです。「悪を許さない」「被害者がかわいそう」という正義や道徳は人間なら誰でも持っているものと日本人は考えてしまいがちですが、実は人種が違い精神構造が異なるキリスト教白人は全く持っておらず、キリスト教はそんな正義や道徳よりも個人の国家からの独立の方が大事だと考える恐ろしいカルト宗教なのです。キリスト教の教義に沿って作られた現行法には犯罪者を守るための法律規定はたくさんあるので弁護士は犯罪者を守るほうが簡単です。黙秘権、身体刑の禁止、拷問の禁止、時効、自白を証拠にしてはならない、疑わしきは被告人の利益等、学校では進歩したすぐれた制度として教わりますが、実際に事件に巻き込まれてみるとそれが被害者の救済を甚だ困難にし、ただ犯罪者を野放しにするだけで日本人が望む社会正義と相反するものであるということが分かると思います。弁護士は「国の捜査権や処罰権を拡大すると魔女狩りや異端尋問やポグロムやユダヤ人迫害が復活する」と言いますが、そんなことをするのは遺伝的に残酷で道徳性が欠ける白人だけです。魔女狩りは中世のような昔々の出来事ではなく、欧米ではつい最近までありました。江戸時代以前の日本に似たような出来事はありません。白人はなにかあるとすぐパニックに陥り暴動を起こし、戦場では大の男が大声で泣きわめくそうです。戦時中の日系人強制収容やユーゴスラビアの民族浄化も魔女狩りの一種なので、魔女狩りは現代でも白人が少し混乱状態になると起こしてしまう民族病のようなものと言えるかもしれません。ヨーロッパで被差別民族だったユダヤ人はペストが流行ると「ユダヤ人が毒を撒いたに違いない!」と証拠もない冤罪で死刑にされたり、「キリスト教に改宗すれば許してやる。」と言われて改宗したユダヤ人に対して「内心ではキリスト教を信じてないに違いない」と言いがかりで死刑にされたりしていました。ちなみに昔の日本で伝染病が流行った場合は「不遇な目に合った人の祟りに違いない!」ということになって速やかに対象者の名誉回復措置がなされ、怒りを鎮めるための盛大な祭りが行われます。上の「黙秘権?疑わしきは被告人の利益」までの過度なまでの犯罪者の保護規定や、弁護士制度、思想良心の自由、信教の自由、ヨーロッパの死刑廃止などの「人権」は今や世界一の金持ちとなって法律に口を出せる立場になったユダヤ人が二度と「人間」扱いされない迫害される立場に戻りたくないという執念の結晶でもあります。しかし日本では魔女狩りやユダヤ人迫害など、言いがかりで民衆を逮捕、虐殺する為政者などはいなかったので、過剰な犯罪者の保護規定人権規定の押し付けはただ犯罪者を捕まえるのが困難になるだけで迷惑な話です。ヨーロッパだけで勝手にやってればいいことです。二度と迫害されたくないユダヤ人はその支配する金融とメディアの力を使って世界中で王政を打倒し、道徳を荒廃させ、移民を推進して拝金主義、グローバリズムに世論を誘導しようと策動しているという噂もあります。 また弁護士を擁護する人は「弁護士は人権を守る大切な仕事だ!」と言います。人権とは中学校で「人間が人間として当然に持っている権利」と意味不明な説明をおぼえさせられ、文字的にも人間の権利と読めるのでよく分からないけどなにか人間愛にあふれるようないいものなのかと錯覚している人も多いと思いますが、ちなみにこの説明も「国に与えられたのではなく神が個人に与えたものだ」というキリスト教の宗教観が元になっています人権とは国権に対する概念で「個人が公共国のための協力要請を断る権利」のことです。世間ではいじめや虐待を人権問題と言うこともあるので混同されますが、いじめや虐待の加害者は国ではなく一般人なのでその人権?は法律的な意味の「人権」とは何の関係もありません。いじめや虐待を人権問題と言って中学生に人権作文のテーマとして書かせるのは人権派が人権という言葉から犯罪者擁護のイメージをカモフラージュし、人権がいいものだと何も知らない学生を騙すための洗脳工作活動なのです。現実に犯罪者の自由権が憲法で守られているのに対し、いじめや虐待被害者を守る法律、制度は何もありません。言わば学校教育を利用して国民に間違った洗脳をしているわけで、弁護士はそんなことはもちろん知っているわけですが、弁護士もその洗脳の利益を受ける側なので一緒になって国民を騙しているのです。よく「犯罪者の人権と被害者の人権のどっちが大事なんだ!」という人がいますが被害者の人権なんてものはありません。人権の中の「社会権」の説明に「人間らしく幸せに生きる権利」というものがありますが、それは具体的には生活保護や図書館を利用する権利などのことで、「いじめや犯罪被害にあわず幸せに生きる権利」ではありません。つまり人権とはあくまでも「犯罪者容疑者の自由権」が本体本質であり、本来「個人権」とでも訳すべきもので、国家は魔女狩りや初夜権や異端尋問を行うような何の道徳性もない暴力装置でしかないという個人主義のキリスト教国で残虐な白人がいない日本には必要がない「自分さえよければ他人がどうなろうが構わない」というようなろくでもないもので、それを守る弁護士も日本には必要がない仕事です。「国や法律に道徳性を求めるほうがおかしい」とすらうそぶくキリスト教系西洋法学に支配された現代は我々日本人にとって天道も仏法も絶えた魔王に世界征服された後の世界と言っても過言ではないでしょう。白人とキリスト教と人権思想を日本から駆逐しない限り日本に正義道徳が戻ることはありません。>あとこういった凶悪犯罪で無理やり無罪を主張する弁護士ってどう思いますか?弁護士も検察も裁判官も法律に則って判断するもの彼を庇う訳ではないが日本は法治国家です感情で裁判が決まったら今後の判決に影響する>法律に穴があれば善悪なんて彼らには関係ないんですか?それは別の話で、だから危険運転致死傷の法律が作られたこのような場合は殺意など証明できないと思います飲酒運転で重傷を負わせたのと普通に運転して死亡させたのではどちらが罪が重いか?交通事故は、免許取り消しや停止などの行政責任罰金や刑務所に収監される刑事責任、賠償金を払う民事責任が別途協議されます仕事がら、犯罪者に味方する方が多いですね。弁護士が正義感で動けば、犯罪はかなり減少すると思いますよ。

Reply