大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不

大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不。長らく日本は過去の贖罪?近隣国への配慮?利権等色々な要素が絡んで韓国を特別扱いしてきました。韓国対する日本政府の態度、長らく甘いかいいようないのでた、故そうだったのか釈然ません 日韓条約締結絡む政界財界の甘い汁狙った利権癒着等長らくあったので、漠然思っきわかりません かきて急厳い態度????詳い方、 大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行。日韓両国は,年の国交正常化の際に締結された日韓基本条約及びその関連
協定の基礎の上に,緊密な友好協力関係をその中核である日韓請求権協定は,
日本から韓国に対して,無償億ドル,有償億ドルの経済協力を約束する第
年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆す
ものであって,極めて遺憾であり,断じてを選定する義務についても,同協定
に規定された期間内に履行せず,日韓請求権協定第条の手続に従いませんでした

長らく日本は過去の贖罪?近隣国への配慮?利権等色々な要素が絡んで韓国を特別扱いしてきました。しかし最大の要因は南北対立があったからだと思います。要するに「日米韓で北朝鮮とそのバックにいる中国?ロシアソ連」と対峙するため韓国を支援していこうという考えです。しかし近年、韓国内で北朝鮮との融和ムードが高まっており、その結果ムン政権が誕生し米国内の韓国への不信感も増大しているため、日本も今までの甘い態度をとらず「普通の国」として扱うようになりました。今迄が甘かったため普通に接しても、向こうからしたら「厳しい態度」と感じるのでしょう。武藤元駐韓大使が言っていましたが、いずれ分かってもらえる、と信じて職務に励んでいた、と。もしかすると、戦前からの東アジア的な地域の力をつけることの残滓があるのか、韓国朝鮮への思い入れはかなり強力にあるのは察知される。贖罪意識と言うのは、多分、後付けだろう。メデイアや教育団体、在日団体がそういうことを言うが、一方で途中で韓国を手放すことになり、それにより混乱を招いた、という責任感は感じられる。むしろ、政治的にはこっちだろう。また、政治的にもこの贖罪意識に擦り寄る態度もあったが、韓国の併合自体が間違いだったと言うことにはならない。馬鹿な戦争を起こしたという国内での贖罪意識と、在日など韓国が言う贖罪意識とはズレがある。こう言う様々な思惑で日韓ワールドカップ以降、日本は未来に敵となるとすら思える隣国にせっせと友好的施策を行ってきたが、それもある程度の両国的に核の部分で話が出来る環境があったからだと思えるが、最近のムンジェインから、特に徴用工の判決などによって明らかに、話し合えるとか、約束をする、ということが不可能と断定したからではないか。私が、思いますのは、「国会対策」だと思います。戦後、1955年に「自由民主党」が結成されました。それ以来、ほとんどの期間、政権与党だったのですが、常に頭を悩ませて来たのが、「保革伯仲」でした。昔は、今と違い「巨大野党」「日本社会党」が、存在していました。社会党を野党第一党に、共産党、民社党が、かなりの勢力を保持していました。そして、彼らは常に「韓国の傀儡」「北朝鮮の傀儡」として両国の代弁者として、活動してきました。自民党としては、社会党の機嫌を損なうと非常に国会運営に支障が出ます。そういう理由で、韓国、北朝鮮に気を使ってきました。「カネを出せ」と言われればカネを出し、「謝罪しろ」と言われれば、謝罪してきました。しかし、第二次安倍政権になってから、常に安定的に過半数を維持してきました。最早、野党に気を使って韓国の要求をソンタクする必要はなくなったので、非常に強気に出られる、と言う事だと思います。今の野党は、あまりに、韓国の「代弁者」として活動すると、ますます票を減らしますので、あまり露骨な事はできないでしょうね。岸信介は 本土決戦用物資を管理していたが それは何処かに消えうせ岸は 敗戦後どこからか 大量の物資を調達して 闇市に流して闇市やくざのボスになってゆき同時に 松岡とグルー元駐日米国大使のコネを使ってグルーを中心とした ジャパンロビーを使って闇市向け 物資売却益で 米議員を賄賂買収して岸と松岡は 日本のゲッペルスとリッベントロップだったのに賄賂の力で 東京裁判で 死刑を免れたただ、その条件が「CIAの手下になって 日本や韓国で赤狩りをすること」だったので 統一教会と岸は 韓国と日本の赤狩り工作機関である勝共連合を結成していたそのために、安倍は岸から支持基盤を相続しており韓国系パチンコに地元事務所を提供してもらい統一教会から政治献金を 原理研から 選挙ボランテイアを提供してもらっていた要するに安倍は 韓国利権だったので第一次安倍内閣のとき ノムヒョンと会うまでは寧ろ 親韓国の韓国系パチンコ議員でしたしかし、北朝鮮の核実験への対応を協議するために ノムヒョンと会ってみたらノムヒョンは 対北宥和政策を責められるかと思ったのか イキナリ「日本の戦争犯罪?歴史認識」について捲し立てて始め 安倍は呆れていたそうなそれ以来 韓国の左翼政権は安倍にとって「安保問題でおじい様=岸信介を苛めた仇敵の左翼」にカテゴライズされるようになったのと日韓の賠償合意 日韓の慰安婦合意を韓国が次々 反故にしたので 外務省もキレ参院選対策もあって現在の感情的な 韓国に対する 棍棒外交に変わってきたかんじですね想像ですが、日本人の特性ではないでしょうか。いわゆる自虐史観というやつで、「日本人が悪かった」というのを受け入れていたからと思います。日本人は「潔さ」を美徳と思っています。自分が悪かったのなら、償うのが当然だと。ですから、韓国に対し償うのは当然と対応して来ました。しかし、どれだけ償っても、韓国は次から要求してきます。しかも、決めたことも何度もひっくり返し返して、自分達の都合のよい勝手な解釈です。流石日本も理不尽さに堪忍袋の緒が切れたということです。日韓条約締結に絡む政界財界の甘い汁を狙った利権癒着等が長らくあったのではと私もそういった内容は見聞したことはありませんが、無かったとも言えません。でも、私が見聞した範囲では、日本が韓国に技術や資金を貢いでることばかりでした。勿論商売ですから、ソロバン勘定はあったと思いますが、支援の状況をみると韓国を助けたいという思いもかなりあった様に思います。日本はアメリカの属国ですので対韓政策はアメリカ様の意向ですね政治学の有名な研究があるのですが下のモノをうまく扱うには下のものどおしを仲良くさせてはいけない必ず仲たがいさせて上を通して話をさせるように仕向けるという戦略がありますちなみに韓国もアメリカの奴隷ですざっくりですがデフォルトした際にアメリカの資金が流入して韓国が儲かるとアメリカが儲かるようになっているという経済的な構造のせいですここにきて強硬な態度を取るのはトランプさんが日本の安全保障を解消して自国は自国でも守る様にさせるという方針に切り替えようとしているからですだから集団的自衛権行使の解釈を変更して日本がアメリカとともに戦争にいけるようにしたんですから要するに干渉を緩めてきたということだと思います戦後インテリ左翼系の日本人たちが朝鮮半島に同情心を持っていたから、半島人が歴史を捏造しても何も反応しなかった。だからこういう結果になったんですよ、日本には素直に謝罪すれば許してもらえると言う文化がありますが、半島人はそうでは無い。むしろ謝ったら最後とことん付け込まれるんです。

Reply