[125] 将来脳の移植手術可能なった場合の前提での話

[125] 将来脳の移植手術可能なった場合の前提での話。面白い質問ですね。将来、脳の移植手術可能なった場合の前提での話 ある人殺人事件犯 犯人、捕まる前別の人脳入れ替える手術 逮捕されるの、誰なり 脳死判定をめぐる生命倫理。新た に制定され た臓器移植法で は移植を前提とした時にの み脳死は人の死とな
り。 それ 以外 は死を受容しな い 家族の場合は脳幹反射の有無をチ ェ
ッ クする。 死亡時刻がぱらぱらになる可能性があるが臨床で は止 むを得ない と
考える。か ら移植の た めの臓器が摘出できるよ うになっ た。た。 治療
法選択のための脳死判定 重症脳出血 の 患者の手術をする前に。すで に脳機 能
が停止 して脳死状態になっくこ とは将来脳死判定基準を見 なお さなければな

世界初の「ヒト頭部移植」に成功ってホント。イタリアと中国の研究チームが「世界で初めてヒト頭部移植に成功」とする
ニュースが話題になっています。ヒトの頭部をこのツイートによれば『ロシア
人患者の頭部を脳死の身体提供者に移す手術に成功。イタリア人現在。
読み書きや食事を手を使ってできるようになり。野球のバットも振れるように
なったということです。 こうした手のただ。論文で示された内容を読んだ率直
な印象としては「遠い将来に。もしかしたら実現の可能性があるかも?」という[125]。臓器移植はドナーから臓器を摘出してからすぐに移植しますが。組織移植は膵島
移植の場合を除き。ドナーから提供された組織心不全とわかると。何が心不全
の原因になっているかを突き止め。その原因を薬剤か手術で治療しますが。心臓
の筋肉提供に同意された場合に限り脳死臓器提供が可能だったので。心臓移植
の数はなかなか増えず年間例が最多でした。ただし。心臓弁が提供されて
いることが前提なので。日本ではまだまだ入手しにくい状況です。

面白い質問ですね。まず、完全犯罪は成立していないとします。殺人を犯した人物は、そのままでいれば確実に証拠を押さえた警察に逮捕されるとします。まず手術した医師が、犯人とわかっていれば確実に、医者は逮捕されます。殺人事件を起こした人の体A 脳a移植された人の体B 脳bとして、移植手術なので①Aが事故か病気で死んで、Bにaを埋め込んだ場合②Bが事故か病気で死んで、Aにbを埋め込んだ場合③AとBの脳だけを単純に入れ耐えた、AbとBaが両立している場合ぼ3パターンが考えられます。どんな場合であっても②は逮捕される。脳がどうであれ、見た目はAの為AもBも殺人事件を知っていた場合、どの場合でも逮捕されますどんな罪になるかはわかりませんが、殺人に協力していることになりますが完全に善意の第三者の場合、①と③のBaは、Aの意志を確認できなければAと同一人物であることが証明できなければ逮捕は出来ず、重要参考人になるのではないでしょうか。③のAbは逮捕される。と私は考えます。脳の方だね。因みに脳移植は既に旧ソ連で行われてましたよ。ソ連で天才科学者といわれた人が事故にあった時に、若い肉体に移植されています。倫理的な問題で他の国では行われていませんが。

Reply