TEIKEN パッキャオvsサーマン見てて思ったんサーマ

TEIKEN パッキャオvsサーマン見てて思ったんサーマ。以前のようなサーマンならパッキャオに勝てたかは別にして、以前のサーマンは連打の回転スピードやキレ、そしてパンチもあんなものではなかったように思います。パッキャオvsサーマン見てて思ったん、サーマンってケガ明けパンチ軽くなったんでょうか くまだ完治てない パッキャオ打たれ強すぎるだけか マニーパッキャオ。パッキャオこそがパウンド?フォー?パウンド???そのことをメイウェザーと
のファイトによって証明して欲しい , いよいよ
WBAウェルター級チャンピオンのパッキャオと同じくBAスーパー
チャンピオンのキース?サーマンメイウェザーは例によって高いリスクをとら
ずに。パンチをかわしながら軽いジャブを当ててポイントを稼いだ。前回は
どう見てもパッキャオの勝ちだったと思うので。今度こそ。明快にKOで決着
つけて欲しい。TEIKEN。ずっと調子良さそうだったし。試合の日も控室から見てたけどコンディション
良く感じたよ。」と7月12日に私もそうだけど帝拳のみんなも。自分も
頑張んなきゃって思ったと思う。」とても良い練習になってるし。スパー
リングが予定されてる日は凄く楽しみ。」今度の日曜日。パッキャオ
でしょ?この試合は凄く楽しみだね。予想?私はパッキャオ。相手も強いけど
パッキャオはいつもしっかりコンディション造ってくるからね。でもサーマンは
調子どうなのかな?

パッキャオ対サーマン戦を徹底予想勝つのはどっちだ。られない。純粋な1発のパンチ力は両者互角だが。試合展開から考える放つ
パンチを考えてパンチ力の考察をすることも重要であろう。そしてサーマンは
怪我からの復帰戦で1試合挟んだとはいえ。パンチ力が以前よりもついていると
は考えにくいため-でパッキャオの優位と予想。ハンドスピード?
フットワークスピードは互角とみても良いのではなかろうか。特に
フットワークでどうパッキャオをいなすかが重要な鍵になってくるのではない
だろうか。マニー?パッキャオがキース?サーマンに僅差の判定勝ち2。井岡一翔VS田中恒成WBO世界S?フライ級タイトルマッチ
しかし。パッキャオのパワーに押されて。本来のスピードもパンチのキレも殺
されてしまうと。苦しい展開になるでしょうね。パッキャオはやみくも
サーマンが押され気味になっても。倒されることはないでしょう。「わしボク」
個人的には。サーマンのカウンターでパッキャオに引導を渡しほしいと思ってい
ます。サーマンもそれがあるのか。思い切ってパンチを打ちこめません。

キース?サーマンVSマニー?パッキャオ。直前のレジェンドインタビューで。ウィンキー?ライトが年齢によるわずかな
反応の衰えが一気にスペシャルなものを普通に変えてしまうと言っていた。
サーマンのミット打ちは跳ね返っていたがパッキャオのそれはスピードパッキャオvsサーマン。階級制覇のレジェンド パッキャオ戦無敗の王者サーマンの世界
ウェルター級王座統一戦踏み込みにサーマンがいつものフック系ではなく
コンパクトなストレート系を合わせていてサーマンのかなと思ってました
解説でも言ってましたがサーマンがストレート系で打ち込んでくるのを見て
パッキャオは右フックとか右パンチを多用してたのはでダウン取ってたら
パッキャオの勝ちは明確になってましたがはギリギリで気合を見せた
サーマンが

以前のようなサーマンならパッキャオに勝てたかは別にして、以前のサーマンは連打の回転スピードやキレ、そしてパンチもあんなものではなかったように思います。ブランク明けのロペス戦よりは良かったですが、2年というブランクはやはり長く、その間に何か大事なものを失ってしまった、と考えてしまいます。一度対戦して勝っているポーターにも負けそうに見えました。パンチ力が弱まってる.というより、パッキャオの動きに翻弄されて強いパンチが打てなかった.んじゃないですか?全盛期は過ぎてるパッキャオですが、対戦相手はこういうパターンになる事が多い。彼はいつも上体を動かしながら、パンチのパターンがなく左右どちらも色んな角度から打ってくる。つまり、スキが無いから思い切って攻撃できない。サーマンは以前の彼ではもうないですね。2年もの怪我の連鎖のブランクの影響は存外大きいです。一時不調だったけど、40にして依然トップレベルを維持するパッキャオは尋常でないですが。彼は歴代でも1,2を争う名ボクサーと思います。もしかしたら右肘や左拳も以前とは違うのかもしれませんね。あと、足のキレも落ちてるように感じました。これもパンチ力が目減りした要因かもしれません。近年は怪我でブランク作ったし、スタイル、年齢的にも劣化が始まってるのかもしれませんね。パッキャオが強かったのもありますが、サーマンもガルシアやポーターとやった頃よりも落ちてるとも思いました。先手先手を取って行くパッキャオのボクシングに対応出来ず毎ラウンド遅れを取ってたサーマンを見ればそのように思うのも仕方がないところではあるが今回の内容は明らかにそれとは勝手が違って、単純明白に経験と技術の差や思いますサーマンもいい勉強になったんと違うかパッキャオのジャブが上手すぎなのと、見た目以上にパッキャオのパンチが強いのだと思います!ケガのことはしりませんでしたが、パッキャオの動きが良かったことを考慮してもポーター戦と比べると別人のように見えました。

Reply